【柳ヘッド】やなぎへっど

【柳ヘッド】やなぎへっど

薄くなった頭部に残った毛髪が、あたかも柳のしだれた枝のように見えることから付けられたヘアスタイルの俗称。バーコードはげはその蔑称。

 

現存するヘッド群

 

about_01
【柳ヘッド】

ミステリアスな
謎多きヘッド


根性 大いにある
度胸 座っている
嘲笑 甘んじて受ける

about_02
【通常ヘッド】

圧倒的多数派の
本来あるべきヘッド


メンタル面    安定
ヘアメイク度   自由
コンプレックス度 無し

about_03
【薄毛ヘッド】

苦しみもがき続ける
苦悩のヘッド


覚悟    している
期待    少しはある
指摘に対し おでこと言い張る

about_04
【薄フィルム装着ヘッド】

金に物を言わせた
ブルジョアヘッド


年収    1000万越
違和感   全く無し
後ろめたさ 多少ある

about_05
【ターバンヘッド】

生息個体が極めて少ない
絶滅危惧種ヘッド


独創性   高し
費用対効果 悪し
希少価値  超激レア

about_06
【天井河童ヘッド】

気がついてないんじゃない?
と、他人から心配させるヘッド


二度見られ率 相当高し
子どもウケ  よろし
ふかんから  見ないで

about_07
【スキンヘッド】

全てをさらけ出す
バリアフリーヘッド


ロハスな感じ する
注目度    意外と低し
周りの反応  さほど悪くない

about_08
【づらヘッド】

隠しきれない
パンドラヘッド


漠然とした不安感 高し
張り詰めた空気  高し
激しい動き    禁止

 

惨敗の記録

zanpai●2010年春、高知コンテンツコンテストにて「日出ずる国の柳ヘッド」入賞。
同年秋、クリエイティブマーケット東京に出品。
多数の企業・クリエイターとの名刺交換。漠然とイケる感
→その後、企業からのリアクション全く無し

●2010年秋頃から、原稿募集している出版会社、雑誌編集社へ原稿郵送。
→リアクション無し8社
→メール返信1社(当社ではお取り扱いできませんとのお返事。)
→携帯に留守電1社。慌ててかけ直すもつながらず、その後レス無し。

●2013年2月、クラウドファンディングを利用して認知・資金集めを試みる。
→目標金額に2割も届かず契約不成立

●心折れるも、いろんな人に見てもらいたいのでHPを立ち上げ ←いまここ